治療例(症例)のご紹介

生理前の頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼灸による生理痛の改善例

頭痛症例10「生理に伴う頭痛」

||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年4月・週1~2回  ||来院回数:1回

症状と来院理由

妊娠の時以外、ずっと生理痛がある。これまでロキソニンを飲んで痛みをしのいできたが、最近は飲んでもあまり効いた感じがしない。
また、肩の張りが強く、生理前などは触るだけでも痛い。
頭痛は側頭部が中心、腹痛は主に下腹部に集中していて吐き気も伴う。

治療と経過

生理に伴う頭痛は、まず腹部の環境と深く関係していると考え、腹診から行う。
腹部全体に張り感が強く、圧痛も強い。

大腿部のツボと足首のツボに鍼治療を行うと、腹部の張り、痛みは消失。頭痛と吐き気は、頭痛は半減、吐き気は消失した。

肩の凝りも強いこともあり、骨盤と手、背中のツボに鍼治療を行うと頭痛、肩こりは解消したので治療を終える。

<その後の経過>
生理は治療の3日後に来た。頭痛は少しあったが腹痛はほとんどなかった、とメールで連絡があった。

生理痛予防と体調ケアのために月2~3回、現在通院中。

同時に治療した症状

なし

主に使用したツボ

足五里(R)、三陰交(L)、下髎(R)、聚労(L,R)、T3(0.5L)

考察

生理痛といっても症状は様々あるが、個々の症状に個別に対応するではなく、個々の症状の関連性を考えることがポイントとなる。例えば、腹部の張り、痛みと肩の痛みに対して「三陰交」を選んだ。三陰交は腹部を緩める他に肩を緩めることでも使われる。特に生理前などの頭痛では腹部の流れに滞りが起こり、そのために腹部を含めて、腰や肩など広範に影響が起こりやすい。

ただ、生理痛は周期の乱れを伴うケースがよくあるので、再発予防のケアも大切だと考える。

この他の頭痛の治療例(症例)はこちら

頭痛症例(治療例)集

当院の頭痛治療の詳しい解説はこちら

頭痛・片頭痛

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼治療による片頭痛の治療例
  2. 足裏の鍼治療
  3. 鍼治療による腰痛の改善例
  4. 鍼治療による逆流性食道炎の改善例1
  5. 鍼治療による妊娠中の腰痛改善例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter


整動協会