頭痛・片頭痛の症例
頭痛・片頭痛の鍼灸施術<改善報告集>
鍼・整体で改善した頭痛の症例
☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は患者着を着用します。

頭痛(片頭痛)症例一覧

【症例12】「頭痛の部位が変化していく」

鍼灸により改善した頭痛の症例
||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年月9月・週1~2回  ||来院回数:5回

症状と来院理由

来院前日の夜から頭痛と吐き気がある。頭を締め上げられている感じがあるのと左耳の後ろが痛む。鎮痛剤、片頭痛薬を服用するが効き目が無かった。
締め上げられている感じは左側が強い。

その他に動悸、左の歯肉が腫れて痛む。

施術と経過

右に比べて左の首の前後・横側に強い緊張があり、肩全体の張りも強い。肩や首と関係が深い腰のツボを押すと強い圧痛があるため、腰と骨盤のツボに鍼施術を行い、緊張と張りを緩める。

ただ、首の横の緊張がまだ残るため脹脛のツボに鍼をして緩める。この時点で頭痛症状は半減。痛みの範囲がコメカミに残る。吐気は治まった。

手のツボに鍼を行い、コメカミの頭痛は10→3になる。

【2~4診(1~3日間隔)】
締め上げ感は治まったが、頭痛の部位が左のみになり痛みは側頭部と耳の後ろの方へ変わるなど、痛みの部位が変化するが、痛みのレベルは当初の10から2~1へ減少した。

【5診目(7日後)】
多少の痛みは起きたが1週間で鎮痛剤を服用することなく過ごせた。特に4日前からは痛みを忘れて過ごせた。
症状が改善したと判断し、施術を終了した。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

胞肓(L)、四隧(L)、養老(L)、下髎(L)、次椎、飛揚(L)、内谷(L)

考察

腰・骨盤周囲のツボをベースにアプローチしながら、発痛部位の変化に応じたツボを選んだ。

【症例11】「額と頬骨あたりの痛み(群発性頭痛)」

鍼灸による群発頭痛の改善例
||患者:女性 40代  ||来院・通院間隔:2018年月6~7月・週1~2回  ||来院回数:8回

症状と来院理由

2週間前から左側の額と頬骨が痛む。特に夜になると現れる。来院時も「ぼんやりと痛む」。

頭痛外来を受診し「群発性頭痛」と診断された。数年前も同様の症状で同じ診断を受けた。今回の痛みは症状は弱いがそれに似ている。

処方された薬を飲んでいるが一時的には良くなるが、また症状が現れる。しばらくこれが続くのかと思うと苦痛に感じる。当院に通院中の家族の紹介で来院。

施術と経過

頭の付根の辺りが特に筋肉の緊張があり、押すと痛みを感じる。また、肩全体、肩甲骨の内側に強い張りがある。
肩全体を緩める目的で骨盤のツボに鍼を行い緊張を解く。
頭の付根辺りの強い緊張に対して仙骨と肩甲骨内側のツボに鍼で緩める。この時点で、ぼんやりと痛むのが無くなる。

首の側面の張りが取り切れないので手のツボに鍼をして緊張を解く。
頭痛症状が取れたので、その日の施術を終える。

2診目(3日後)
施術の当夜は頭痛を感じることは無く、よく眠れた。翌日の晩に少し感じ、昨晩も感じた。
同様の内容で鍼を行う。

3~5診目(3~4日間隔)
施術の翌日以降の症状は徐々に弱くなり、全く感じない日もあった。
1週間毎の通院間隔に切り替える。

8診目
1週間以上、頭痛を感じることが無かった。
症状が安定していると判断し施術を終了する。
その後も予防と疲労回復目的に月2~3回の間隔で通院中。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

聚労(L.R)、肩稜(L)、下髎(L)、下椎、合谷(L.R)

考察

頭痛の中でも顔面部に痛みが起こり、時には耐え難い痛みになることもある。筋肉の強い緊張の原因を見定めてアプローチすることで、薬の効き目が弱く感じる場合でも鍼施術で改善できることがとても多い。

【症例10】「生理に伴う頭痛」

鍼灸による生理痛の改善例
||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年4月・週1~2回  ||来院回数:1回

症状と来院理由

妊娠の時以外、ずっと生理痛がある。これまでロキソニンを飲んで痛みをしのいできたが、最近は飲んでもあまり効いた感じがしない。
また、肩の張りが強く、生理前などは触るだけでも痛い。
頭痛は側頭部が中心、腹痛は主に下腹部に集中していて吐き気も伴う。

治療と経過

生理に伴う頭痛は、まず腹部の環境と深く関係していると考え、腹診から行う。
腹部全体に張り感が強く、圧痛も強い。

大腿部のツボと足首のツボに鍼治療を行うと、腹部の張り、痛みは消失。頭痛と吐き気は、頭痛は半減、吐き気は消失した。

肩の凝りも強いこともあり、骨盤と手、背中のツボに鍼治療を行うと頭痛、肩こりは解消したので治療を終える。

<その後の経過>
生理は治療の3日後に来た。頭痛は少しあったが腹痛はほとんどなかった、とメールで連絡があった。

生理痛予防と体調ケアのために月2~3回、現在通院中。

同時に治療した症状

なし

主に使用したツボ

足五里(R)、三陰交(L)、下髎(R)、聚労(L,R)、T3(0.5L)

考察

生理痛といっても症状は様々あるが、個々の症状に個別に対応するではなく、個々の症状の関連性を考えることがポイントとなる。例えば、腹部の張り、痛みと肩の痛みに対して「三陰交」を選んだ。三陰交は腹部を緩める他に肩を緩めることでも使われる。特に生理前などの頭痛では腹部の流れに滞りが起こり、そのために腹部を含めて、腰や肩など広範に影響が起こりやすい。

ただ、生理痛は周期の乱れを伴うケースがよくあるので、再発予防のケアも大切だと考える。

【症例9】「右側頭部と首の痛み」

右側頭部痛・肩こりの鍼施術による改善例
||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年2月・週1~2回  ||来院回数:5回

症状と来院理由

1週間前から右の首から右の側頭部、右肩背部に痛みがある。
年末から多忙で深夜の帰宅が多く、睡眠もあまりとれていない。頭痛外来で処方された薬を飲むが1週間前からあまり効果を感じない。

以前より体の不調で当院に来院、最近、帰宅が遅くなるため中々来院できなかったが、今回は我慢できなくなり早退した。

施術と経過

いつもと異なるのは、凝りの部分を押すと痛みが強いこと。
首から肩甲間部あたりまで全体の張りが強く、強く押していなくても痛みがあるので、手のツボに鍼を行う。コリや張りにはあまり変化は無いが、押されて痛む感じが半減する。

側頭部の頭痛と関連する肩、首の凝りをチェックすると頭の付根にコリと圧痛があるため、ふくらはぎのツボに鍼を行うと頭の付根のコリと頭痛は少し緩んだ感じがする。さらに腰のツボに鍼をすると半減した。脛のツボに鍼をすると頭痛は更に弱くなる。肩、肩甲間部のコリに対して同じく骨盤のツボに鍼をするとコリは解消し、頭痛は更に弱くなる。

頭痛が全て取り除かれてはいないが10→3になったので1回目を終える。
2診目(3日後)
施術後3時間くらいで症状が徐々に戻りだした。痛みのエリアは縮小され、こめかみの辺りが痛む。また、首を前後屈すると右の頭の付根に痛み。
歯ぎしりがあるので仙腸関節のツボ、縮小したエリアがこめかみ辺りなので手のツボに鍼を行うと頭痛と頭の付根の痛みは10→1になる。
3~4診目(1~3日後)
時間が経つごとに頭痛と首の痛みは感じなくなる。同様の内容の鍼施術を行う。
5診目(7日後)
頭痛1週間、感じることが無く過ごせる。肩や首は痛みは無くなっているので疲れに対しての施術を行い終了する。
頭痛の予防と体のメンテナンスを兼ね月に2~3回通院中

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

後谿(R)、承山(R)、空髎(R)、聚労(R)、膀胱兪(R)

考察

デスクワークが更に多忙となると通常よりも長時間の座っている時間が長くなると想像できる。すると足を含めた骨盤周辺にも疲労が蓄積される。その蓄積は肩・首コリ、さらには頭痛につながる事が多くある。

【症例8】「右頭部全体の頭痛」

鍼施術による頭痛の改善例
||患者:女性 50代  ||来院・通院間隔:2018年3月・週1回  ||来院回数:2回

症状

2日前から右頭部全体に痛み。波があるが常に重く締め付けられる感じがあり、強いときはギューッ感じ手で押さえたくなる。
明日早朝から出張があるので今日中に何とか痛みを治めておきたい。

日頃から頭痛が起こりやすいため、頭痛外来で処方されている薬はあり、今回も服用していたが効き目が弱い。頭痛外来では「緊張型頭痛」と診断を受けて、MRI検査での異常は無い。

元々「噛みしめ癖」がある。また、前日、原因はわからないが20年ぶりに胃痙攣した。

その他の症状

肩こり

施術と経過

首から肩にかけて触診すると右の肩、右の顎周り、肩甲骨の内縁にコリがあり圧痛も強くある。また、胃痙攣があったとのことから腹部の硬さを確認する。「噛みしめ癖」「胃痙攣」、これらの情報から右手、右肘のツボに鍼すると頭痛は消失する。

肩の張りが少し残るので、骨盤のツボ2か所に鍼すると改善する。

2診目[ 7日後 ]
肩こりが少しあるが、前回後、頭痛は出現していない。
症状が安定しているので終了。

その他に施術した症状

なし

主に使用したツボ

養老(R)、曲池(R)、大臀(R)、四隧(R)

考察

頭痛は顎関節の症状と併発することは少なくない。ただ、いずれも首や肩こりの影響を受けやすい。更には肩こりなどは内臓症状と関連することもあることを忘れてはいけない。

【症例7】「こめかみの締め付けと目の奥の重圧感」

鍼施術による片頭痛の症例
||患者:女性 40代  ||来院・通院間隔:2017年12月・週1回  ||来院回数:7回

患者

40代 女性 -2017年12月来院-

症状と来院理由

慢性的に症状があり、マッサージに通っているが最近は症状の頻度が高くなり心配になって脳神経外科を受診。MRI検査で異常は無く「片頭痛」と診断され、処方された薬を服用するがあまり効果を感じず。また、眼精疲労を感じる。

たまたま当院の前を通りかかりネットで調べて来院。

施術と経過

首から肩周りを丁寧に診察すると肩と耳の下あたりに強い凝りと痛みがある。いつもその辺りのコリが残ってしまうとのこと。

上殿部のツボに鍼をすると凝りと痛みは半減。頭痛も半減する。続けて背中のツボに鍼をすると肩の凝りが緩み、痛みもなくなる。

耳の下から首の凝りに右手のツボに鍼をして緩める。頭痛は10→2になる。

目の奥の重圧感が残っているので足のツボに鍼をすると10→0になる。
週に1回の通院で経過を観ることにする。

2~6診(1週間毎に)
頭痛の頻度、強さ共に弱くなる。頭痛が無い日もある。目の奥の重圧感は通常の半分。

通院毎に症状は改善傾向にあり安定しているので、同様の内容で施術を行う。
7診目
6診以降、頭痛、目の奥の重圧感を感じることがなく快適に過ごせた。
施術を終了する。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

胞肓(R)、二ノ臀(LR)、T2(2.5R)、内谷(R)、光明(R)

考察

眼精疲労による影響が片頭痛も引き起こしたと考えられる。目の疲れがどこに影響しているのかを見極めて適切なツボを選べたため、施術毎に安定しながら改善できた。

【症例6】「後頭部から前頭部・側頭部の片頭痛」

頭痛・片頭痛が改善した鍼施術の症例
||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2017年5月・10~14日に1回  ||来院回数:3回

症状

2・3日前から後頭部から前頭部にかけての頭痛。普段は左の方特に強く感じるが今回は右が強い。また、慢性的な肩首のコリも頭痛と同様に普段よりも強く感じる。

頭痛外来で処方されている片頭痛薬(アマージ)を服用してみたが効果は感じない。鍼灸も時々受けるが、頭痛が改善されても長持ちせず。ただ、鍼灸の良さは認識しているので、「もう少し長持ちできないか」とネットで当院の症例を見て来院。

その他の症状

左肩関節痛

施術と経過

肩の張りがとても強いため、ピンポイントにアプローチする前に腰のツボを使い肩全体を緩める。

左の肩と肩甲骨の内側に凝り感が残るので腰・仙骨のツボに鍼で緩める。

右の後頭部の頭痛と関連する緊張があるため腰と脹脛のツボに鍼をして数分経過すると後頭部の頭痛が解消(10→2)され、1回目を終了。

2回目(10日後)
片頭痛の再発は前日の1回あったのみで、これまで週2~4日は頭痛のため薬を服用していたが前日の1回になった。

3回目(7日後)
頭痛を感じることは無く、肩凝りも「疲れ程度で辛くなることはなかった」とのことなので終了。

不定期ではあるが、月に1~2回再発防止とメンテナンスで通院中。

その他に施術した症状

なし

主に使用したツボ

空髎(R)、承山(R)、大臀、膀胱兪(L)、腰海(L)

考察

慢性的で片頭痛を服用している場合でも、問題となるポイントをしっかり見つけていくことで少ない回数で解消した症例。

【症例5】「頭痛・耳鳴りを伴う肩こり」

鍼施術による頭痛・耳鳴り・肩こりの改善例

患者

40代 女性 -2016年9月来院-

症状

1週間前、耳鳴りと耳の塞がり感があり、その翌日に回転性の眩暈といつもより強い頭痛・吐き気があり、病院を受診。脳のMRI検査では異常は無く医師から「メニエール病」と診断された。その後、一時的に頭痛は治まったが、2日前から再び頭痛がある。眩暈症状は来院時には治まっている。

2日前から朝起きたときに首の後ろ側が寝違えたように痛む。また、左耳が塞がった感じで更に耳の下から首にかけて触ってみるも感覚が鈍い。

元々、肩や首など凝りやすく様々な治療を経験してきた。最近では近くの整骨院に通院しているが帰宅するころには再び戻っている。

治療と経過

まずは脳のMRI検査で問題が無かったため、首や肩のコリが今回の症状に深く関与していると考える。

2日前から寝違えたよな痛みが出ているので、動きを確認しながら左手のツボ(後谿)、背中のT2(4L)、T4(4R)に鍼をすると首の動きと伴う痛みは7割改善された。肩周りの強いコリがあるので、腰周辺の大臀、胞肓に鍼をする。左耳の下から首の鈍い感覚は治まる。

耳鳴り・塞がり感では耳の下や顎の周辺を緩める目的で左手の養老に鍼をする。首に耳鳴りの反応があるので、左足首の足太陽に鍼をする。耳鳴りは多少改善できる程度だったが、肩や首周りの辛さが解消されたので初回を終える。

2回目(4日後)
寝違えたような痛みは前回後2日間は良く、頭痛も感じなかった。耳鳴り・塞がり感は依然残る。
3回目~7回目(治療間隔、週に2回)
症状に多少の波はあるものの耳鳴り・塞がり、頭痛を感じない日が1週間続くようになる。
8回目(初診から45日後)
耳の症状、頭痛は治まった。肩・首コリは2・3週間に1回のペースでメンテナンス通院中。

主に使用したツボ

大臀、後谿(L)、胞肓、合谷、足太陽(L)

考察

耳の症状の発症から1週間程度と早い時期に治療が開始できたことで、慢性的且つ強い肩・首のコリがあったが治療経過はスムーズに良い方向へ進められたと考えられる。その後の経過では、定期的なメンテナンスを受けられているので耳鳴り・塞がり感、頭痛の再発はない。

【症例4】「頭の絞めつけ・右顔面が重い」

患者

20代 女性 -2017年1月来院-
鍼・活法整体治療による頭痛の改善例

症状

来院3日前から頭痛があり、翌日、脳外科でCT検査を受けるが原因不明、「ストレスでは?」と言われる。薬が処方され服用するが頭全体が絞めつけられる感じと右顔面が重い。昨日からは首から背中が硬くなり食欲も無い。
病院でも判らないと言われ不安になり、以前、当院で治療を受けた同僚の紹介で来院。

治療と経過

来院時は椅子に座っているだけでも頭が重く、瞼が重く眠くは無いが眼を開けているのもつらい。
首・肩・背部と腹部の触診から左の反応が強めに出ているので、手のツボ【合谷】に鍼をする。数分すると顔の重みが解消。腹部の硬さを触診すると圧痛が無くなる。頭の絞めつけも大幅に解消。

更に数分すると頭の絞めつけも解消。急に空腹感が出てきたとのこと。後頭部に重苦しさが少しあるので足首にある【大鍾】に鍼を数分間。肩の凝りに鉤笠(R)に鍼、肩こりと後頭部の重苦しさも解消し1回目の治療を終える。
2回目(1週間後)
その後、頭の絞めつけ、顔の重みも出ることなく過ごせた。肩首周りの治療を行い終了する。

その他に治療した症状

なし

主に使用したツボ

合谷(LR)、大鍾(L)、鉤笠(R)

考察

頭痛の他に顔の重み、食欲不振に目を向け共通性の深いツボにアプローチ出来たため、症状が少ない回数で改善できた。

【症例3】「額がズシっと痛む」

鍼施術で改善した頭痛の症例

患者

40代 女性 練馬区 -2016年10月来院-

症状

3日前から朝起きたときと頭を前後に振ると揺れるようなめまい、左の額にズシッとした頭痛を感じる。揺れる感じのめまいは1~2分すると治まる。さらに施術当日の朝は首が寝違えたように痛みを感じる。左を向く、頭を左に倒すと左の首や肩が痛む。最近、仕事が多忙でストレスを感じていた。1週間前あたりから強く感じるようになっていて、右手を上に上げようとすると右肩が痛む。時々利用する整体院で症状を伝えたら鍼の方が早いと言われ、当院を紹介され来院。

治療と経過

ご本人が自覚されている痛みや凝りの場所を手で指示してもらうと、右の肩や首の範囲が広く、触診すると右の方に圧痛を訴える範囲が多い。寝違えたような首の痛みには、左の首や肩に圧痛はあるが、右と比較すると弱く範囲も狭い。揺れるようなめまいと関連が深い首の凝りを確認できたので、右の踵のツボに鍼、さらに寝違えたような左の首・肩の痛みに左手のツボに鍼を行う。10分ほどそのままにした後、鍼を抜きいつも通りの起き方で起き上がってもらうと揺れる感じはなくなり、さらに頭を前後に振ってもらうが揺れを感じるめまいはなくなる。ただ、頚の痛みは5割ほど残っているので、左の手、足に鍼をしたまま首を動かしてみると残りは2割になる。右の肩は右腰のツボ、右腕のツボにそれぞれ鍼をする。凝りの感じは殆ど感じなくなるまで改善できた。
2回目(4日後)の再来院時、めまい、頭痛の発生はなく、首と肩の症状も落ち着いているので終了した。その後は肩こりのケアで月に1~2回通院中。

その他に治療した症状

右肩痛(腕を上に上げたときの痛み)、頭痛

主に使用したツボ

大鍾(R)、後谿(L)、陽輔(L)、鉤笠(R)、大臀(L.R)、腰海(R)

考察

めまいのタイプを大きく分けると「ゆれる」「回る」「フワフワ」といったようになる。問診でどのようなタイプかを聞き取り、関連箇所と適合を確認して治療を行う。他にも関連要素となる頚や肩の凝りなどにも範囲を広げ同時に治療を行うと早期に良い結果を得られる。

【症例2】「眉間の痛み」

鍼治療・活法整体による頭痛の改善例

患者

40代女性 埼玉県さいたま市 2016年9月来院

症状

2・3週間前から朝起きると眉間の辺りに「ズーン」という鈍痛が続いている。以前は市販の頭痛薬を飲めば楽になっていたが、2・3週前からはあまり効かない。数日前から首や肩こりも強く感じるようになった。脳神経外科を受診し検査を受けたが、脳には異常はなく肩や首の凝りが原因と言われ、鍼治療をすすめられた。
普段から肩や首の凝りは感じているが、辛いときはマッサージを受けている。

マッサージに行こうかと悩んでいたが、以前、腰痛で当院に通院していた実妹の紹介で来院。

治療の内容と経過

頭痛が先行して発症しているが、後発となる肩・首の筋肉の過緊張状態が持続したため起こった頭痛と考えた。特に強く凝りを感じる場所を示してもらい、そこと関連が深いツボ(腰・大腿部)に鍼をし、凝りの改善を確認。眉間の辺りの痛みの反応を首で確認し、右に反応が強く現れているので、右の手の甲にあるツボに鍼をする。数分後に眉間の辺りの痛みを確認すると、ほぼ消失しているとのこと。ベッドから起きて少し体を動かしてもらい、頭痛の出方を確認するが頭痛は感じないようになる。
2回目(4日後)では肩・首の凝りはとほんど感じることはなく、頭痛は朝起きたとき感じるが、弱くなり時間も短縮されている。念のため脳神経外科で処方された頭痛薬(頓服)を服用した。症状が減弱傾向になっているため、同じ内容で1週間に2回、4回の治療を行い、1週間空けても頭痛が起こらなくなった。
肩凝りのケアのため、月に2回通院中

同時に治療を行った症状

肩・首の凝り

主に使用したツボ

大臀(LR)、承扶(LR)、合谷(R)、項強(R)

考察

肩や首の凝りが酷くなる前に別の症状として頭痛が起こる場合がある。普段から感じる症状に着目すると原因が明確になるという症例。

【症例1】「目の奥、こめかみが痛い」

患者

20代女性 埼玉県志木市 2015年6月来院

症状

PCを使っての仕事中、左目の奥、目頭のあたり、こめかみが”ズーン”と重く痛む。左の肩・首は常に張っていて、今日は尚つらい。

いつも行っている整体院に行ってみるが、痛みが取れず。職場の同僚に鍼治療で改善したというのを聞いて来院。

治療の内容と経過

左の首から肩にかけての張りを仙骨の【胞肓(L)】、腰の【腰海(L)】鍼をすると緩和される。こめかみの痛みも半減する。

頭を右に倒すと左の首側面に張りを感じるので、手の甲の【内谷(L)】に鍼をして改善。こめかみの頭痛はほぼ解消する。

目の奥・目頭の痛みは6割くらい残っているのに対しては頸椎3番左側の反応を確認し、手の甲の【項強(L)】の鍼で更に半減する。

2回目(7日後):前回の治療後から翌昼ごろまで症状は感じることが無かった。夕方からの痛みは最近の痛みに比べて半分くらい出るが、仕事に支障がでることは無かった。今回も前回と同じ内容で行う。

3回目(更に7日後):1週間の間、2回ほど頭痛は起きたが、これまでと比べるとかなり症状は軽く、頻度は平時よりも楽だった。頭痛症状がかなり落ち着いてきたこともあり、週に1回の治療を2週に1回で様子を見ることにする。

4回目(3週間後):仕事の都合で前回から3週後。頭痛症状はほとんど気にすることは無かった。

その後は、仕事内容から再発する可能性は無いとも限らないので、月に1,2回通院中。その後、頭痛は起きていない。

鍼治療を行った主なツボ:項強(L)、後谿(R)、胞肓(L/R)、腰海(L/R)
行った整体:肩甲骨廻し、肩の無重力

考察

頭痛と首の関係が深いと言うことは多くの鍼灸師は知っていますが、頭痛の起きている場所がどこなのかを知ることが大事です。この患者さんは目の奥とこめかみの辺りと訴えています。症状のある場所に対し、反応のある場所を見つけ出し、的確にアプローチすると少ない鍼、少ない治療回数で根治が目指せます。

ツボネットに掲載されている症例

当院の頭痛の鍼灸施術を解説します

頭痛・片頭痛

アクセス

アクセスページ
[ 所在地 ] 埼玉県志木市本町5-7-5
[ 鉄道 ] 東武東上線・東京メトロ副都心線・有楽町線 志木駅東口徒歩10分
[ バス ] 東武バス・国際興業バス 昭和新道徒歩5分
[ 車 ] 駐車場徒歩3分 2台駐車可

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼治療による突発性難聴の改善例
  2. 鍼治療による肩甲骨の痛みが改善された治療例
  3. 鍼施術によるテニス肩の症例
  4. 鍼治療による舌の痛みの改善例
  5. 鍼による腕の痛みの改善例

お問い合わせ

Twitter


整動協会

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市