治療例(症例)のご紹介

額と頬骨あたりの痛み(群発性頭痛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼治療による群発頭痛の改善例

頭痛症例11「額と頬骨あたりの痛み(群発性頭痛)」

患者

40代 女性 -2018年6月来院-

症状と来院理由

2週間前から左側の額と頬骨が痛む。特に夜になると現れる。来院時も「ぼんやりと痛む」。

頭痛外来を受診し「群発性頭痛」と診断された。数年前も同様の症状で同じ診断を受けた。今回の痛みは症状は弱いがそれに似ている。

処方された薬を飲んでいるが一時的には良くなるが、また症状が現れる。しばらくこれが続くのかと思うと苦痛に感じる。当院に通院中の家族の紹介で来院。

治療と経過

頭の付根の辺りが特に筋肉の緊張があり、押すと痛みを感じる。また、肩全体、肩甲骨の内側に強い張りがある。
肩全体を緩める目的で骨盤のツボに鍼治療を行い緊張を解く。
頭の付根辺りの強い緊張に対して仙骨と肩甲骨内側のツボに鍼治療で緩める。この時点で、ぼんやりと痛むのが無くなる。

首の側面の張りが取り切れないので手のツボに鍼をして緊張を解く。
頭痛症状が取れたので、その日の治療を終える。

2診目(3日後)
治療の当夜は頭痛を感じることは無く、よく眠れた。翌日の晩に少し感じ、昨晩も感じた。
同様の内容で鍼治療を行う。

3~5診目(3~4日間隔)
治療の翌日以降の症状は徐々に弱くなり、全く感じない日もあった。
1週間毎の治療間隔に切り替える。

8診目
1週間以上、頭痛を感じることが無かった。
症状が安定していると判断し治療を終了する。
その後も予防と疲労回復目的に月2~3回の間隔で通院中。

同時に治療した症状

なし

主に使用したツボ

聚労(L.R)、肩稜(L)、下髎(L)、下椎、合谷(L.R)

考察

頭痛の中でも顔面部に痛みが起こり、時には耐え難い痛みになることもある。筋肉の強い緊張の原因を見定めてアプローチすることで、薬の効き目が弱く感じる場合でも鍼治療で改善できることがとても多い。

この他の頭痛の治療例(症例)はこちら

頭痛症例(治療例)集

当院の頭痛治療の詳しい解説はこちら

頭痛・片頭痛

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼治療による突発性難聴の改善例
  2. 鍼・活法整体治療で改善した坐骨神経痛の症例
  3. 鍼治療で改善した耳鳴り・眩暈の治療例
  4. 鍼治療による舌の痛みの改善例
  5. 鍼・活法整体で改善したモートン病・足底腱膜炎の症例(治療例)

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter