治療例(症例)のご紹介

生理2日目の下腹痛・腰痛・頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生理痛の鍼灸治療による改善例

生理痛症例2「生理2日目の痛み」

||患者:女性 40代  ||来院・通院間隔:2018年6月・週1回  ||来院回数:1回

症状と来院理由

2年前から生理周期が不順になり、昨日急に生理が来た。来院日は生理2日目、昨晩から腰と下腹部に鈍痛で重い、頭重感が起床時からあり食欲もない。
痛み止めは飲んで数時間経過しても痛みは変わらない。

以前、肩こりと頭痛で来院してから1年ぶりの来院。

治療と経過

肩・首、腰周辺の診察を行うが、肩や首には部分的なコリがあるが、腰には目立った筋緊張は診られない。

腹部の診察では、鳩尾【みぞおち】、下腹部に圧痛が強く感じる箇所が複数、診うけられた。症状に対して腹部の緊張が深く関係していると判断する。

腹部の緊張と肩のコリに対して足首のツボに鍼治療を行い、腹部の緊張が緩んできたのを確認し数分間の留鍼。留鍼中に腹部の痛みが緩む感じを確認。

さらに数分すると下腹部の鈍痛、腰の鈍痛もほぼ解消される。頭の重みは半減。手のツボに鍼治療を行うと重さが解消される。

症状の好転が確認されたので終了した。

同時に治療した症状

なし

主に使用したツボ

三陰交(L,R)、合谷(L)

考察

腰の症状や、頭痛を引き起す原因は必ずしも筋緊張とは限らない。特に生理痛では腹部の緊張との関連が現れることがよくある。
ツボは3個所とシンプルに見えるが、実際には腹部という体の中心を正常に緩めることが出来るので、とても大きな効果が期待できる。

この他の頭痛の治療例(症例)はこちら

鍼治療による生理痛の治療例(症例)

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼・活法整体治療で改善した肩の痛みの症例
  2. 鍼治療・活法整体で改善した足の裏の痛み
  3. 鍼治療で改善した股関節の痛みの治療例
  4. 鍼治療による回転性めまいの改善例
  5. 鍼治療による片頭痛の治療例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter