治療例(症例)のご紹介

捻挫症例1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼施術による捻挫の改善例

捻挫症例1「左足が着けない」

||患者:女性 40代  ||来院・通院間隔:2019年1月・週2回  ||来院回数:2回

症状と来院理由

来院の前日、駅の階段を下りている時、最後の一段を踏み間違え転落。左足を内側へ捻る。急いでいたのでそのまま電車に乗ったが、左足が着けないくらい痛みがあり、腫れもひどくなった。
都内にあるかかりつけの鍼灸院に問い合わせ、自宅から近い当院を紹介され、来院。

まだ整形外科を受診していないため、骨折が有るか否かは不明。

治療と経過

自身でアイシングを行っていたので、当日の痛みに比べると幾らか緩和されている。ただ、炎症は明らかなので、手のツボへ鍼をして、消炎と痛みへのアプローチを行う。

活法整体の「捻挫の調整」で足関節の調整を行う。ベッドから起きて立ってみると、左足を床に着いてもらうと痛みは8割減。未だ足を引きずるが来院時よりも歩きやすくなる。

外くるぶしの痛みが強いところに対応する膝のツボに鍼をして数分後、鍼を抜いて再度、歩いてもらうと先ほどより歩きやすくなる。

更にふくらはぎのツボに鍼をすると、ゆっくりながら引きずることなく歩けるようになる。
念のため、自宅ではアイシングすることを申し伝える。

2診目(2日後):念のため、整形外科でレントゲン検査を受け骨折が無い事を確認してもらった。
前回の施術後、殆ど普通に歩けるようになった。左足の小指側に体重を乗せると足の甲に痛みがある。肩甲骨内縁のツボに鍼をして、痛みは解消された。

2カ月後、別の症状で来院された際に伺うと、前回後は普通に歩いたり走ることも出来た。腫れは2週間後くらいに治まったとの事。

主に使用したツボ

後谿(L)、玉縁(L)、六丘(L)

考察

鍼施術では「動きやすさを取り戻す」ことに関して素早い対応が可能である。ポイントは膝近辺にある。動きやすさが復活すると症状の早期回復が望める。

☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。
☆症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。

関連記事

診療カレンダー

診療案内

LINE鍼灸院予約

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼による腕の痛みの改善例
  2. 鍼灸による群発頭痛の改善例
  3. 鍼治療で改善しためまい(眩暈)の症例
  4. 生理痛の鍼灸治療による改善例
  5. 鍼・活法整体治療で改善した眩暈の症例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter


整動協会