治療例(症例)のご紹介

5分くらい歩くと臀部から太腿(外側)に鈍痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼治療による臀部下肢痛の改善例

腰痛・坐骨神経痛症例9「5分くらい歩くと臀部から太腿(外側)に鈍痛」

||患者:女性 40代  ||来院・通院間隔:2018年1月・週1回  ||来院回数:2回

症状と来院理由

数日前から5分くらい歩いていると左臀部から太腿(外側)に鈍痛を感じる。立っているだけでも感じることがある。

数カ月前から座敷に長い時間、横座り姿勢で子供を抱っこする日が何日か続いている。

立ち上がる時にも左臀部に痛みを感じる。太腿の方にも痛みが出てきたので不安になり、知人に当院を紹介され来院。

施術と経過

正座を横方向にずらして座るのは股関節や背骨、特に胸椎への負担になっていると考えられる。

立ち上がる時の臀部の痛みに対して手のツボに鍼をする。椅子からの立ち上がりでの痛みは消失する。ただ、中腰位で腰に痛みを感じるので足のスネのツボに鍼をすると、それは解消する。

歩いている時に鈍痛がしてくるというのは、腕の振りに関わる肩甲骨の動きの連動を考え、手の甲のツボに鍼をすると肩甲骨、股関節の動きが解消される。
試しに院内を何往復か歩いてもらうと、足が軽く感じるとのことから、股関節周辺と胸腰椎の捻じれが解決できたと考え施術を終了する。

<2診目>(7日後)
1週間後の来院では3割ほど残るとのことだったので、同様の施術で終了した。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

養老(L)、精霊(L)、玖路(L)

考察

もし、痛みの場所のみに着目するのであれば、腰や臀部、脚にアプローチするであろう。しかし、連動性を見る場合、今回の歩いていると臀部や脚の痛みなら、背骨の捻じれや”兄弟関節”と言われる肩関節の動きも視野に置きながアプローチすると、短期間で解決することが多い。

その他の腰痛・坐骨神経痛の症例(改善例)

腰痛・坐骨神経痛症例(改善例)集

腰痛の原因・当院の施術法をご紹介

腰痛施術解説

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 手のこわばりが鍼治療により改善した症例
  2. 鍼治療で改善した股関節の痛みの治療例
  3. 鍼・活法整体治療で改善した眩暈の症例
  4. 生理痛の鍼灸治療による改善例
  5. 鍼治療で改善しためまい(眩暈)の症例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter