治療例(症例)のご紹介

締め上げ・耳の後ろ・コメカミの頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼により改善した頭痛の症例

頭痛症例12「頭痛の部位が変化していく」

||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年月9月・週1~2回  ||来院回数:5回

症状と来院理由

来院前日の夜から頭痛と吐き気がある。頭を締め上げられている感じがあるのと左耳の後ろが痛む。鎮痛剤、片頭痛薬を服用するが効き目が無かった。
締め上げられている感じは左側が強い。

その他に動悸、左の歯肉が腫れて痛む。

施術と経過

右に比べて左の首の前後・横側に強い緊張があり、肩全体の張りも強い。肩や首と関係が深い腰のツボを押すと強い圧痛があるため、腰と骨盤のツボに鍼施術を行い、緊張と張りを緩める。

ただ、首の横の緊張がまだ残るため脹脛のツボに鍼をして緩める。この時点で頭痛症状は半減。痛みの範囲がコメカミに残る。吐気は治まった。

手のツボに鍼を行い、コメカミの頭痛は10→3になる。

【2~4診(1~3日間隔)】
締め上げ感は治まったが、頭痛の部位が左のみになり痛みは側頭部と耳の後ろの方へ変わるなど、痛みの部位が変化するが、痛みのレベルは当初の10から2~1へ減少した。

【5診目(7日後)】
多少の痛みは起きたが1週間で鎮痛剤を服用することなく過ごせた。特に4日前からは痛みを忘れて過ごせた。
症状が改善したと判断し、施術を終了した。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

胞肓(L)、四隧(L)、養老(L)、下髎(L)、次椎、飛揚(L)、内谷(L)

考察

腰・骨盤周囲のツボをベースにアプローチしながら、発痛部位の変化に応じたツボを選んだ。

この他の頭痛の症例(改善例)はこちら

頭痛症例(改善例)集

当院の頭痛施術の詳しい解説はこちら

頭痛・片頭痛

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼治療による肩甲骨の痛みが改善された治療例
  2. 鍼治療による腕のしびれの改善例
  3. 鍼治療により改善した眩暈の症例
  4. 鍼治療による逆子の改善例
  5. 鍼灸による生理痛の改善例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter


整動協会