治療例(症例)のご紹介

裸足で歩くと切られるような痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼で改善した足裏の痛み

足底筋膜炎・モートン病症例7「裸足で歩くと切られるような痛み」

||患者:女性 30代  ||来院・通院間隔:2018年月5月・週1回  ||来院回数:1回

症状と来院理由

6ヵ月前、しゃがんだときに左足裏の指の付根に痛みが走った。徐々に痛みが強くなり歩くのも辛くなったので、整骨院でインソールを作り、2カ月間通院もした。靴を履いて歩くのは緩和されたが、家の中など裸足で歩くときに「切られるような痛み」が取れなかった。

ネットで当院の症例を見つけて来院。

施術と経過

足裏の痛みの部位を確認し、ふくらはぎと関連が深い部位の痛みだったため、先ずはふくらはぎ全体を緩める目的で骨盤のツボに鍼を行い、ふくらはぎの筋緊張は大幅に改善。

この時点で裸足で立った時の痛みは半分以下になる。

次にふくらはぎに残った筋緊張を緩める目的でふくらはぎのツボに鍼を行う。裸足で立ったり歩いたり、しゃがみながら体重をつま先にかけてみても痛みは改善した。
痛みの改善が確認できたため終了した。

同時に施術した症状

なし

主に使用したツボ

上髎(L)、下承山(L)

考察

歩く距離を考えたら家の中よりも外の方が長いため、インソールは良かったと考えられる。そのため、足裏以外の症状は無かった。ただ、裸足ではインソールによる補助ができないため、根本的なアプローチが必要になる。このケースでのアプローチすべき場所はふくらはぎがポイントになった。

☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。
☆症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
足底筋膜炎・モートン病の症例(改善例)

モートン病・足底筋膜炎の鍼灸による改善例

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼治療で改善した腰痛の治療例
  2. 鍼施術で改善した腰痛の症例
  3. 鍼治療・活法整体による肩凝り・頸肩腕症候群の改善例
  4. 鍼治療で改善した股関節の痛みの治療例
  5. 鍼施術により改善した耳鳴りの症例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter


整動協会