治療例(症例)のご紹介

妊娠中(32週)の腰痛「寝返り・立ち上がる時に痛い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼治療による妊娠中の腰痛改善例

腰痛・坐骨神経痛症例6「妊娠中の腰痛」

患者

20代 女性 -2017年11月来院-

症状と来院理由

現在、妊娠32週。逆子の指摘を受けて28週から横臥で寝ることにしているせいか、寝返り・立ち上がる時に腰痛を感じる。1か月前に引越しをしたため片付けなどで立ち上がる時にも痛みを感じる。

腰の治療を受けたいと思っていたが妊娠中と告げると断られてしまう。今回は逆子で鍼灸を受けるが、腰痛も相談したい。

治療と経過

逆子治療と平行に行うが、妊娠中のため刺激が過剰にならないよう慎重に行う。

腰を捻る(寝返り)ことで起こる腰痛に対する足のツボに鍼治療を行う。寝返りによる腰痛は解消する。

椅子からの立ち上がりは腰を伸ばす際に腰痛が起こるので、背中の反応を観て手のツボに鍼をする。痛みが半減したのと、腰を曲げている時は楽になるが、腰が伸びきるあたりで痛むに変わる。

以上のことから足の脛のツボに鍼を行った。立ち上がりの動きと腰の痛みは解消したので1回目は終了。

2診目[ 3日後 ]
逆子は直った。腰の痛みも前回から良い。
ただ、元々腰痛があり不安でもあるので少しケアを希望され、週に1度の通院。

出産後も月に1~2度の通院中。

同時に治療した症状

逆子

主に使用したツボ

後谿(R)、光明(L)、玖路(R)

考察

妊娠中に腰痛や坐骨神経痛にかかり鎮痛剤の服用ができず悩んでる方が多い。

整動鍼は原因を見つけ出し更にツボを絞り込むため、鍼の本数は少ないので体への負担も少なくて済む。

その他の腰痛・坐骨神経痛の治療例(症例)

腰痛・坐骨神経痛症例(治療例)集

腰痛の原因・当院の治療法をご紹介

腰痛治療解説

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 手のこわばりが鍼治療により改善した症例
  2. 鍼治療で改善しためまい(眩暈)の症例
  3. 鍼治療による突発性難聴・耳鳴りが改善された治療例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter