治療例(症例)のご紹介

フワフワするめまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼施術で改善しためまいの症例

メニエール・めまい症例7「フワフワするめまい」

||患者:男性 50代  ||来院・通院間隔:2019年5月~6月・週1~2回  ||来院回数:7回

症状と来院理由

来院の2カ月前から数秒から数分間、PC作業中、椅子から立ち上がってから、歩行中に「フワフワ」する感じがする。脳神経外科でMRI検査を受けるが、頸椎の一部に狭窄している部分があるが、めまいとは直接関係はないとのことで原因は不明。

3年前と1年前に回転性、浮遊性のめまいを経験している。1年前、職場の部署が替わった。

当院のめまいの症例をネットで見て来院。

その他には、椅子に座っていると左太もも、ふくらはぎが痛くなる。

治療と経過

頸の付根のめまい症状に特徴のあるコリと、痛みの自覚がある太腿、ふくらはぎの硬さに関連あると考え、腰・脚を緩め首周りのコリへアプローチする。

頸の付根のコリに対して、ふくらはぎと腰のツボに鍼を行い、コリは解消する。
直後のめまいの変化がわかりにくいため、次回まで観察してもらう。

2~4診目(4~6日後):施術毎にめまいの頻度、強さ、時間は改善し、4診目では1日に1回で初診時よりも微小になっている。

5~6診目(14日間隔):めまいを気にしなくても過ごせる日が半分以上になる。

7診目(14日後):めまいは1度も感じなくなった。
症状が改善されたと判断し、終了する。

主に使用したツボ

築賓(L)、承山(L)、空髎(L)、腰眼(L)

考察

原因不明のめまいはストレスと関連されやすいが、そのストレスによる体への反応をキチンと捉えることが大切。
本ケースでは、主に「座る」に関連してめまいが起きやすかったので、腰・脚の過緊張が首などにコリを作ってしまったと考えられる。

☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。
☆症例について
同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。
その他のメニエール・めまいの症例

めまい症例(改善例)集

メニエール・めまいの解説・施術方針

眩暈・メニエールの解説と鍼灸施術

関連記事

診療カレンダー

診療案内

LINE鍼灸院予約

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. 鍼施術による強い回転性めまいの改善例
  2. 鍼治療で改善した股関節の痛みの治療例
  3. 手のこわばりが鍼治療により改善した症例
  4. 鍼施術による生理痛の改善例
  5. 鍼治療により改善した逆流性食道炎の症例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter


整動協会