腰痛・坐骨神経痛
腰痛・坐骨神経痛の鍼灸治療<改善報告集>
鍼・活法整体による腰痛・坐骨神経痛の改善例
痛み しびれ その他
腰が痛い 足がしびれる 歩きづらい
臀部(お尻)が痛い 足の感覚が鈍い 尾てい骨が痛い
足の付け根が痛い 足の力が入り難い 足がつりやすい
太腿が痛い 太腿がしびれる 太腿がつりやすい
尾てい骨が痛い ふくらはぎがしびれる 股関節が硬い
腰が凝る・重い すねがしびれる
股関節が痛い
股関節が凝る・重い
☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。

腰痛・坐骨神経痛症例4「椅子に座っていると足がしびれる」

鍼・活法整体治療により改善した坐骨神経痛の症例
40代 女性 2015年12月来院

症状

1年前から椅子に長い時間座っていると、右足の指の付け根や脛(すね)の外側に痛みやしびれを感じる。特に足の指の付け根が強く感じる。デスクワークでほとんどの時間を座って仕事をしている。
整形外科や神経科は何軒も周ったが検査結果はいつも異常はなく、鎮痛剤やビタミン剤が投与されるがあまり効果を実感できない。最終的には手術を勧められているが何とかそれは避けたい。
症状は座っているときが主で、症状が強いときは寝ているときも感じることがある。ただ動いているときはあまり感じない。

治療と経過

座っているときに発症しやすいことから、まずは坐骨周辺に問題があることが多い。触診により髀関、外秩辺に強い筋緊張、圧痛が確認できた。また、足部のピンポイントでしびれ痛みがあり、患部の圧痛もある。腓腹筋(ふくらはぎ)の反応を探し、承山に圧痛・筋緊張がある。

施術当日は、仕事が休みで症状は比較的弱かったが、問診中、椅子に15分座っていてしびれと痛みが出ていた。ベッドに伏しても少し症状は残っていた。

はじめに、志室、承山、L2(0.5)に鍼をする。数分すると痛みはほぼ感じなくなり、しびれは弱くなる。ただ、髀関の緊張の緩みが今ひとつだったので、腰腿(2)にも鍼をすると緊張はさらに緩んだ。指の付け根の圧痛は健側と同等になったので鍼を抜き、全体のバランスを整えるため活法整体を行い、あとは実際に長時間座った状態を仕事のある日に確かめてもらう。

2回目(1週間後)
症状は出るにはでるが、以前のような我慢できないレベルではなくなった。同様の施術を行う。

3回目(1週間後)
足の痛みしびれを感じない日が2日ほどあった。少し腰が張る。

4回目(1週間後)
症状はかなり薄くなってきた。何も感じないことが増えた。

5回目(2週間後)
この週は残業が多く長時間座っていたせいか、いつもより症状を感じる。以前より悪化はしていない。

6回目(1週間後)
1週間近く症状を気にすることはなかった。感じることはあっても気になるほどではない。

7回目(2週間後)
出張で飛行機に8時間座り続けていたが、症状があったことを忘れるくらいだった。
症状がよい状態で落ち着いているので、終了とする。
(本人の希望で健康管理のため、2週に1回のペースで通院中)

鍼治療を行った主なツボ:志室(R)、承山(R)、L4(R)、空髎(R)、L2(o.5R)、腰海(R)
行った整体:腰痛3手、坐骨上げ、骨盤3点導引、骨曲げ

考察

大きなヒントとなったのは「座っていると痛み、しびれがある」である。どのような状況で症状が発現するのかを、丁寧に問診で聴くことで、症状の原因に素早くアプローチすることができた。この方は、症状が落ち着いた後も2週に1回のペースで通院していることもあってか、再発はしていない。

腰痛・坐骨神経痛症例3「寝返りしようとすると腰に激痛」

鍼・活法整体治療で改善した腰痛の症例

患者

30代 女性 2016年6月来院

症状

1か月前、立ったまま左手で低めのテーブルに物を置こうとしたとき、腰に「ゴリッ」と音がした。以前、ぎっくり腰を経験したときと似たような感触だったので嫌な予感がした。その日の晩、仰向けで寝ていて寝返りをしようとした瞬間、腰に激痛が走った。それ以降、毎晩同じように激痛で目覚める日が続いているため、安心して眠れない。
近くの整骨院では、「ぎっくり腰で腰の骨が捻じれている」と言われ、数回、電気治療とマッサージに通院したが回復が思わしくない。
歩くときに脚がちゃんと上がっていないのか、最近よくつまづく。

治療と経過

立った状態と仰向けで寝ている状態(ひざを立てて)で腰を患側(左)に捻ると患部が痛むことを確認。右に捻る際は左ほどではない。筋肉が伸ばされることよりも、筋肉が詰まる(縮む)方向で痛みが強くなることがわかる。そのことから患側の光明に鍼をする。数分後、鍼を抜きもう一度、仰向けの状態で寝返りしてらうと痛みは4割減る。動きは未だぎこちない。

寝返りをする行為は腰をひねるだけではなく、実際には少し腰を浮かせるながら行う。実際に仰向けで腰を少し浮かせてもらうと痛みが強くなる。そこで後谿に鍼をする。同様に抜鍼後、少し腰を浮かせると先ほどよりも楽になり、さらに寝返りを試すと先ほどよりスムーズにでき、痛みも少なくなる。

痛みは仙腸関節あたりに限定されてきたので、下腿内側のツボに鍼をすると、寝返りの動きとそれに伴う痛みは少し気になる程度になった。

2回目(5日後)
前回から寝返りした時の痛みがなくなり睡眠もとれた。ただ、朝、起き上がるときに臀部の辺りから太腿の外側にかけて鈍痛を感じる。前回と同じ内容に加えて
膝陽関に鍼、股関節抜きの整体を行う。膝を曲げて腰を浮かせてから起き上がるのが楽になる。

3回目(3日後)
起き上がるときの鈍痛は多少残る。歩いているとき、特に左足(患側)を挙げる際に腰・臀部に張りを感じる。仰向けから健側(左)に向こうとすると右の臀部の鈍痛を感じる。これまでと同様の内容と臀部の張りに対して腰部のツボに鍼をする。
鈍痛や張りは気にならない程度まで改善できたので、一旦これで経過を観てもらうことにする。

鍼治療を行った主なツボ:光明(L)、地機(L)、陰陵泉(L)、後谿(L)、中腰(L)、腰海
行った整体:腰痛パターン3手、大腰筋導引

考察

問診の際、発症に至った実際の動きや寝返りを再現していただいた。どれくらい腰を屈めたのか、腕を伸ばしていたのか、膝を立てて腰を浮かせるかなど細かく観察することで、治療で用いる有効なツボを絞り込むことができる。もちろん、無理のない範囲で行ってもらうことが条件です。

腰痛・坐骨神経痛症例2 「尾てい骨周辺の痛み」

鍼・活法整体治療で改善した腰痛の症例

患者

30代女性 埼玉県朝霞市 2015年12月来院

症状

妊娠中から尾てい骨の辺りに、歩いているときや立ち上がる、座るなどのときに「ズキッ」と痛みが起こる。妊娠中だったので温めたりする程度で、お産まで我慢していたが、産後も痛みは治まらなく、知人に「鍼が良い」と聞き来院。

子供を抱っこしたまま立つときは特に痛みが強いので、なるべくしないようにしている。

治療の内容と経過

尾てい骨の辺りに痛みが集中しているが、動くことにより痛みが出てくることから、腰を動きやすい状態にすることを優先する。
腰の動きをチェックすると軽い前屈み(いわゆる「中腰」)が一番辛いことがわかった。

中腰の姿勢を楽にするために足のツボに鍼をする。さらに前屈みが出来るようにふくらはぎにも鍼を行う。すると前屈み、さらに中腰の姿勢が楽に出来るようになり、尾てい骨の痛みが7割程度改善。
次に鍼で緩められた筋肉に動きの調整を加えるため、腰の動きを円滑するために活法整体で調整する。
来院時よりも腰、足の動きが痛みと共に改善。初回はこれで終了する。

2回目(1週間後)
前回の後3日間はほとんど痛みが無かったが、それ以降は前回ほどではないが少しずつ戻ってきた。
前回と同様の内容と骨盤の動きをよくする目的で活法整体の「骨盤調整」「仙骨納め」を加える。今回は痛みはほぼゼロに、さらに足のむくみが解消され、足が軽くなる。

3回目(1週間後)
前回からの1週間、痛みを気にすることは無くなった。腰の動きをチェックするが、気になる所見はないので、産後という事もあるので、骨盤周辺、腰を活法整体で整える。

症状が安定していると判断し、終了する。

鍼治療を行った主なツボ:腰海、腸鳴、殷門、玉人、中都
行った整体手技:腰痛パターン3手、骨盤廻し、仙骨納め、骨盤はがし、腓腹筋導引

考察

妊娠中や産後に骨盤周辺の痛みなどはよくありますが、今回のように「動き」によって症状が強く出る場合、まずは動きを改善することを優先します。痛みがでる動きが改善されるということは、痛くない、と言うことになります。また、痛みが出ている場所は必ずしも原因とは限りません。原因を見極め、適切に対応することが大切です。

腰痛・坐骨神経痛症例1「臀部から脚の外側に沿って痛む」

鍼・活法整体治療により改善した坐骨神経痛の症例

患者

60歳代 女性 2015年11月来院

症状

2週間前、タンスの引き出しを閉めたときにぎっくり腰になった。近くの整骨院にほぼ毎日通院して落ち着いたが、2日前から、今度は左の臀部から脚に掛けて痛み出した。台所などで長く立っていたり、長く歩いてると痛みが強くなる。あまりに痛むと脚を引きずる。

筋力を落とさないため毎日5000歩は歩くように心がけていたが、痛みで我慢できない。痛みが続く不安と2週間後に旅行を控えており、知人に鍼が良いと聞きいて来院。

治療の内容と経過

臀部と脚の痛みが、立ちっぱなしや歩くといった動きを伴う場合に起こっていることから、腰の可動域を確認する。腰の前屈・後屈(腰を反らす)で可動域が狭く腰に痛みも伴う。そのことから、2週間前に発症したぎっくり腰の症状は未だ完全に改善されていない可能性がある。また触診(実際に触れて)すると第4・第5腰椎の左側に神経痛に関連する反応を確認。
このことから、腰の前屈・後屈の可動域が狭いことと神経痛の痛みの範囲が一致する。
はじめに、活法整体を行う。腰の可動域・痛みが5割に減る。
次に鍼治療で腰と脹脛(ふくらはぎ)に鍼をする。安静時の神経痛症状はないため、数分間の置鍼(鍼をした状態で安静にする)をする。
抜鍼後、同様に可動域のテストを行うと、腰の可動域・痛みは1割までになり、その日の治療は終わる。

2回目(5日後)
前回治療後の2日は神経痛症状は忘れるくらい感じなかったが、一昨日、買い物で1時間ほど歩いたら少しずつ痛みが出てきた。前ほど我慢できないということはない。

前回と同様に治療前の腰の可動域を確認。可動域は前回治療後の範囲を保てている。神経痛症状範囲に対応する鍼を前回と同じツボに鍼をする。

3回目(4日後)
前回(2回目)後から今回まで、痛みが出現することはほとんどなく坐骨神経痛を忘れるくらいだった。念のため、これまでと同様の鍼と動きを整える活法整体を行い、治療を終了する。

鍼治療を行った主なツボ:L4(1L)、L5(1L)、玉天(L)、玉人(L)、腰海(L)、大腰(L)
行った整体:腰痛パターン3手、坐骨上げ

考察

ぎっくり腰発症から間もない坐骨神経痛であったため、初めのぎっくり腰が完全に治りきっていなかったか、もしくは、ぎっくり腰が坐骨神経痛を誘発させたとも考えられる。
腰の動きを改めて観察することが大切だったケース。動きづらさと坐骨神経痛症状の痛みの範囲がほぼ一致し、動きの改善とともに神経痛症状も改善ができた。