肩こり・頚肩腕症候群
頚肩腕症候群・肩こりの鍼灸治療<改善報告集>
肩こり・頚肩腕症候群の鍼灸・整体治療による改善例
こり 痛み その他
首がこる 首が痛い 首が回らない
首が張る 首がつる 寝違い
後頭部が重い 後頭部が痛い むち打ちの後遺症
首の後ろがこる 首の後ろが痛い 後頭部がモヤモヤする
うなじがこる うなじが痛い のどがつまる
肩が凝る・重い 肩が痛い 胸がつまる
肩甲骨がこる・固い 肩甲骨が痛い 呼吸が浅い
肩甲骨がゴリゴリする 鎖骨が痛い 四十肩・五十肩
背中がこる 背中が痛い
背中が張る 背中がつる
鎖骨の下がこる 鎖骨の下が痛い
☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。

肩凝り・頚肩腕症候群症例4

鍼治療・活法整体で改善した肩・首の痛みの治療例

患者

40代 女性 志木市 -2016年11月来院-

症状

首から肩にかけての痛み、右腕を挙げると肩の痛み
2日前、通勤中に走っていたとき転倒し右手と膝を打った。当日は打撲の痛みだけだったが、翌日から首を動かすと右の首・肩に痛みがあり、触っても痛い。さらに今朝は右腕を挙げようとすると右の肩に痛みを感じる。

同時に治療した症状

膝の打撲の消炎鎮痛

治療と経過

転倒した際、瞬間的に頭の重みを支えたときの筋肉の緊張がその後も抜けきれず、動作に支障が起きている。その緊張は主に肩甲骨周辺、さらに手を着いたためにその根元である肩甲骨周囲の筋肉の緊張は増すと考え、肩甲骨の動きを回復するし、頚の動き、痛みの改善を目指す。まずは触れると痛みが強いため、炎症反応が起きていると考え、手のツボに鍼をし数分。触れることもでき、首の動き(右を向く)動きもできるようになる。膝の打撲の痛みは多少押しても平気な程度に改善。頭を右に倒すのも半減している。足のツボに鍼をすると動きは改善。肩の動きは腰のツボに鍼をすると動きと痛みは解消。肩甲骨内側に痛みが残るので、仙骨にあるツボに鍼をするとほぼ解消。首・肩の動きが大幅に改善したので1回目は終了。その後、2回目(2日後)も同様の治療を行うが、1回目の治療後に症状は1~2割まで改善できていたので、2回目の治療で終了とした。

主に使用したツボ

後谿(R)、陽輔(R)、志室(R)、膀胱兪(R)

考察

いわゆる鞭打ちと言われる症状。比較的発症から間もない段階で治療を行えたので、症状の範囲がほとんど移動したりせずに済んだ。今回着目すべきは肩甲骨。特に転倒する際に手を着いたことで肩甲骨と首の動きのつながりは強い。炎症性の痛みの強い患部へのアプローチは、関連性が深く且つなるべく遠位から行うのが原則。鍼灸院で打撲の治療はあまり知られていないが、外傷性による今回のような打撲による炎症も鍼は著効ということを再認識できた。

肩凝り・頸肩腕症候群症例3

鍼治療・活法整体による肩凝り・頸肩腕症候群の改善例

患者

30代 女性 三芳町 -2016年8月来院-

症状

右腕が重くだるい(+のどの詰まり・胸焼け)
2・3週間前、右手首に筋肉痛のような痛みがあり、近所の整形外科を受診。腱鞘炎と診断されて湿布薬と鎮痛剤が投与された。毎日、湿布を貼り薬を飲み筋肉痛のような痛みは薄れるが、右腕全体が重くだるく、シャンプーなどで腕を挙げたままにしているのがつらい。痺れはない。

発症のきっかけは、スマホを長い時間右手に持ってゲームをしていた。また、子供を抱っこするとき、頭を右腕で支えることが多い(最近大きくなってきたので重く感じる)。

肩こりは慢性的にあり、右の方が凝り感が強い。いつもは辛くなるとリラクゼーションなどを利用する。ただ、今回はしっかりと治したいので鍼治療を決心した。

その他の症状

のどの詰まり、胸焼け

治療と経過

整形外科で診断された「腱鞘炎」を確かめるために手首や指を動かしてもらうが、現在はだるさ以外に痛みは出現しないことから、腱鞘炎以外で視野を広げて診察する。

次に現在の主な症状、腕のだるさ。動きでは判断しづらいので、腕を挙げるなどでの感覚を判断基準にする。明らかに左よりも右の腕の方がだるいとのこと。

腕の症状は背側の胸椎との関連が強い。確認すると胸椎6番(T6)に明らかな反応がある。また、前腕部の筋緊張も右の方が強く、圧痛(押して痛む)がある。

まずは、それらの所見を基に六谷(R)から鍼治療する。腕のだるさは、鍼をする前を10とすると3に改善。頭より上に腕を挙げてもらうが、腕の重さだるさはほぼ感じなくなる。次に前腕の張りが残るためフクラ(R)に鍼をすると張りが健側(左)と同等になり、圧痛も解消。

スマホを長時間持ち続けたことがきっかけだったので、「握る」力が抜けないままになっていると考え、活法整体の扇、肩凝り抜きを加える。
腕から肩の症状は逆に左(健側)の方が重く感じるくらいになる。

その他の症状「のどの詰まり」「胸焼け」は慢性的な肩や首の凝りと関連することがあるため、首、腹部の診察を行う。腹部の硬さ、首の硬さを確認する。それに基づき太衝、曲泉、合谷に鍼治療する。しばらくすると腹部、首の硬さが解消。のどの詰まりもほとんど感じなくなる。

2回目(7日後)
腕のだるさ・重さはその後、感じることはなかった。肩凝りもいつもより楽に感じる。のどの詰まり、胸焼けが少し残るが普段と比べるとだいぶ軽い。いつもよりも眠りが深くなった気がする。

肩や首周辺は疲れを取り除く程度で、腰海(LR)、大臀(LR)、鉤笠(R)に鍼治療。のどの詰まり・胸焼けに曲泉、太衝、合谷に鍼をする。治療直後にはのどの詰まりは感じなくなる。前回よりも良い反応が得られたので2週後の予約にする。

3回目(14日後)
少し忙しかったため、多少肩凝りを感じる。腕は以来気になることは無かった。のどの詰まり・胸焼けも感じることなく、来院するまで忘れていた。
肩凝りのケアのための鍼治療を行い、腕の重さ・だるさ、のどの詰まり・胸焼けは終了とする。

その後、体調ケアのために2・3週間隔で通院中。

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:六谷(R)、大臀、腰海、鉤笠(R)、曲泉、太衝、合谷
活法整体:扇、肩こり抜き

考察

今ケースでは、問診で内臓の不調もお伝えいただいたのでスムーズに症状が改善されたが、肩凝りと消化器系の症状は別々に考えられるのが一般的。肩凝りなどの慢性的な症状の場合、内臓との関連性にも視野を広げることの重要性を再確認する症例だった。

肩凝り・頸肩腕症候群症例2

鍼治療・活法整体による肩凝り・頸肩腕症候群の改善例

患者

20代 女性 朝霞市 -2015年10月来院-

症状

右の首から肩にかけて吐き気がするこり
数日前から、普段の肩こりがより強く感じるようになる。寝るときも肩周りの重苦しさが強く、睡眠不足。
近くの整骨院に行き、マッサージと電気治療を受けるが帰宅するまでに戻ってしまった。昨日はあまりの辛さから吐き気までした。PCを使った事務仕事が主で、仕事をはじめたころから肩こりを感じるようになった。時々辛くなると近くの整骨院に行くか、自分でストレッチをしたり塗り薬で対応していた。今回もひと通りやってみたがどうにもならなく、「鍼はどうなんだろう?」と思い来院。

治療と経過

肩から肩甲骨に掛けて広範囲で辛さを訴えているので、的を絞るため触診と首の可動域を詳しく診察する。
首の動きでは、上を向く(後屈)動き、右を向く動きで可動域の狭さと痛みが確認できた。
まず、肩・肩甲骨周辺の緊張を緩める活法整体を3種類行う。重苦しさは半減した。

次は右肩甲骨内縁の部分に硬さと押したときの痛みが強いので、活法整体(肩甲骨廻し)でを緩めるが、仕事が「デスクワーク」で勤務時間の大半を椅子に座っているため、治療ポイントを「坐骨」に向ける。これも活法整体(坐骨切り)で行う。
すると、右の肩甲骨と右の肩を押したときの痛みはほぼ消失。硬さも本人がわかるくらいに緩む。

今回、最大のポイントと考えたのは「肩甲骨」。肩甲骨の動きが悪くなると、それに連動する首の症状を引き起こす。

肩甲骨の特に内側に押したときの痛み(圧痛)が強く出る所T2(4R)、後谿(R)に鍼を施す。肩甲骨周りの重さ、首の硬さが同時に緩む。鍼をする前のテストを行い、辛さは8割くらい楽になる。治療前のテストより改善が見られるが、特に上を向く動きで首に痛みが残るため、胸椎(胸の高さの背骨)の可動を調整する活法整体(後屈の調整)を加えると、動きと痛み改善。吐き気も治まったので終了。

2回目(4日後):仕事中の吐き気はその後なかった。また重苦しさも通常のこりを感じる時と同じレベルになる。睡眠もとれるようになった。
前回と同じ内容の施術を行う。

3回目(更に7日後):重苦しい辛さは無く、いつもの凝りも感じなくなった。ただ、また起こるのが怖いのでメンテナンスを兼ねた治療内容となる。
以降、月に2回ほど、疲れを取るためのメンテナンスで通院中。吐き気を伴う症状は起きていない。

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:T2(4R)、腰海(R)、後谿(R)
活法整体:坐骨切り、肩甲骨回し、扇、後屈調整

考察

凝りが強くなるとその部分に着目されがちだが、動きも同時に着目することで凝りの原因が解明されやすくなる。また、デスクワークなどで座っている時間が長い、また座りながらどのような作業をしているのかを丁寧に診察することで、坐骨と肩甲骨に肩凝りを強くした原因が判る。凝っている部分だけではなく、原因にアプローチすることこで素早く症状を解消し、再発を防ぐことにもなる。

肩凝り・頚肩腕症候群症例1

患者

60代 男性 新座市 -2015年10月来院-

症状

左肩の痛み(じっとしていてもズキズキ痛む)
鍼治療・活法整体による肩凝り・頸肩腕症候群の改善例
7日前、落ち葉を集めて、重い鉄棒を使って落ち葉を圧縮する作業をやった。当日から痛みを感じていたが悪化することもなかったので湿布を貼っていた。しかし、2日前の朝から肩に激痛が走り、触るだけでも痛く眠れない。どうにもならなく家族の紹介で来院。
患部(左肩)は右肩に比べると腫れているのが見るだけでもわかり、触診すると熱もある。強い炎症が起きていることがわかる。腕を上げようとすると45度くらいまで上げられるが、かなり苦痛を伴う。
特に痛みが強く感じるのは、肩の前と外側。
下から前方に向けて腕を上げる動作(拳上)は80度くらい。下から外方向に上げる(外転)は痛みが強いので不可。

治療の内容と経過

患者さんへは、患部へ鍼や整体をすることはしないこと、炎症が強いので施術は色々と手を加えることは控える旨を伝える(患者さんはそれが不安だった)。
五十肩を含む肩関節の痛みの起点となる背骨に反応があるかを確かめる(整動鍼の考え)。相当する反応があるので、頸(くび)のツボに座ったまま鍼をする。鍼をしたまま数分後、再度、動きと痛みを確かめると80度→100度、外転は30度くらいまで動きの改善があり、痛みも軽減する。この時点で「触れなくてもズキズキする痛み」は消失している。
続けて、腰と外踝(くるぶし)のツボを患部を上に横向きで寝た状態で鍼をし、同様に数分。鍼を抜いた後、同様に確認すると100度→120度に改善するが下すときに激痛、外転は変わらず。
再び座った状態で手の甲のツボ、背中のツボに鍼をする。これまでの大きな変化は無いものの、動きやすさと痛みの改善が認められる。
患部に触れた患者さんが「腫れと熱が引いてる」と言うので、触れてみると確かに軽減している。触れても痛みは差ほどでもないという。
これ以上、治療を加えることは再度悪化を招く可能性があるので、今回はこれで終える。

2回目(2日後):「前回の翌日の午前中まで痛みはあったが、それ以後は良くなった」とのこと。腕を下していても痛みはなく、洗顔等もできるようになった。
拳上、外転はそれぞれ120~150度まで挙げられ、少し痛みは出るが下すときの痛みはない。
前回と同様のツボを使って鍼をする。

3回目(5日後):何事もなかったように痛みや動かしづらさは無くなっている。少し肩こりがあるので、肩こりに対応する。
当初の症状が完治したものと考え、終了とする。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:C5(1L)、志室、足太陽、申脈、腰腿点(2L)
活法整体:なし

考察

肩関節の動きは、頸椎を起点としていると整動鍼では考えている。その頸椎は股関節も起点となるとも考えられている。そのため、頸椎の他に股関節の動きに関連する腰のツボにも着目するなど、より遠隔からのアプローチにより肩関節の可動域改善と同時進行で消炎鎮痛を早めることができた。
今回は3回以内で終了することができたが、長中期におよぶいわゆる慢性症状の場合は、もう少し回数はかかる可能性はある。