めまい
めまい(眩暈)の鍼灸治療<改善報告集>
鍼・活法整体治療による眩暈の改善例
☆解説では裸モデルのイラストを使用しておりますが、実際は治療着を着用します。

めまい症例2「寝返りや首を動かすと起こる眩暈(めまい)」

鍼治療で改善しためまい(眩暈)の症例

患者

40代 女性 練馬区 -2016年10月来院-

症状

3日前から朝起きたときと頭を前後に振ると揺れるようなめまいを感じる。揺れる感じのめまいは1~2分すると治まる。さらに施術当日の朝は首が寝違えたように痛みを感じる。左を向く、頭を左に倒すと左の首や肩が痛む。最近、仕事が多忙でストレスを感じていた。1週間前あたりから強く感じるようになっていて、右手を上に上げようとすると右肩が痛む。時々利用する整体院で症状を伝えたら鍼の方が早いと言われ、当院を紹介され来院。

治療と経過

ご本人が自覚されている痛みや凝りの場所を手で指示してもらうと、右の肩や首の範囲が広く、触診すると右の方に圧痛を訴える範囲が多い。寝違えたような首の痛みには、左の首や肩に圧痛はあるが、右と比較すると弱く範囲も狭い。揺れるようなめまいと関連が深い首の凝りを確認できたので、右の踵のツボに鍼、さらに寝違えたような左の首・肩の痛みに左手のツボに鍼を行う。10分ほどそのままにした後、鍼を抜きいつも通りの起き方で起き上がってもらうと揺れる感じはなくなり、さらに頭を前後に振ってもらうが揺れを感じるめまいはなくなる。ただ、頚の痛みは5割ほど残っているので、左の手、足に鍼をしたまま首を動かしてみると残りは2割になる。右の肩は右腰のツボ、右腕のツボにそれぞれ鍼をする。凝りの感じは殆ど感じなくなるまで改善できた。2回目(4日後)の再来院時、めまいの発生はなくなっているので終了した。その後は肩こりのケアで月に1~2回通院中。

その他に治療した症状

右肩(腕を上に上げたときの痛み)

主に使用したツボ

大鍾(R)、後谿(L)、陽輔(L)、鉤笠(R)、大臀(L.R)、腰海(R)

考察

めまいのタイプを大きく分けると「ゆれる」「回る」「フワフワ」といったようになる。問診でどのようなタイプかを聞き取り、関連箇所と適合を確認して治療を行う。他にも関連要素となる頚や肩の凝りなどにも範囲を広げて治療を行うと早期に良い結果を得られる。

めまい症例1「仰向けで寝る、寝返りすると揺れる眩暈(めまい)」

鍼・活法整体治療で改善した眩暈の症例

患者

40代 女性 志木市 -2016年3月来院-

症状

1週間前から、就寝する際、仰向けで寝る、左へ寝返りをした直後に「揺れる」ようなめまいがする。2~30秒くらい続き、その後は落ち着く。めまいを感じる前から左肩、左肩甲骨内縁を中心に痛みを伴う肩こりも感じる。念のために脳外科を受診するが異常は無かった。医師から「肩や首が硬くなっているせいでは?」と言われ、2年ぶりに当院へ再診。(以前は肩こりや腰痛で通院)

その他の症状

左肩、肩甲骨内縁に痛みを伴う凝り

治療と経過

治療の前に首の動きによる眩暈の有無を確認すると、下を向いたところから上を向くとき、左右に頭を振るときにめまいが出現する。可動域は問題ない。首の硬結を触診すると左のC1からC3に硬さと圧痛がある。特にC2に強い反応がある。

肩から肩甲骨は触診で硬さと圧痛を確認。まずは肩、肩甲骨周りの治療で首や肩の筋緊張を緩和するため、三陰交(L)、腰海(LR)のツボに鍼をする。数分し抜鍼した後に肩、肩甲骨の症状は解消され、痛みはなくなった。

次にめまい症状の原因と考えられるC2の反応に関する大鍾に鍼をする。同様に数分して抜鍼した後、先ほどと同じ条件で首の動き(下から上を向く、左右に頭を振る)をする、また、就寝時を仮定してベッドに仰向けに寝る際のめまい、左への寝返りをそれぞれ確認する。めまいの感じは半減、持続時間も2~30秒だったのが5秒ぐらいになる。

2回目(4日後)
床に入る以外でのめまいは改善された。前回の治療後と同様くらい、5秒くらいのめまいでとどまっている。
肩、肩甲骨の痛み凝り感はほとんど感じなくなる。

3回目~4回目(4~7日後)
めまいは気にならない程度になり、4回目ではめまいは消失している。凝り感等は多少疲れがあれば感じる程度、以前の痛みを伴うことはない。

その後は月に1回もしくは、症状が感じるようになれば来院するペースで通院中。

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:大鍾(L)、三陰交(L)、腰海(LR)、曲池(L)
活法整体:なし

考察

めまいを感じる前に強く感じた肩、肩甲骨周りの痛みを伴うこりが生じていたため、めまいを起こす「引き金」となったことは想像しやすい。引き金と思われる症状を緩和することが優先となる。そのため、めまい症状と関連が深いC2の強い反応は、肩や肩甲骨周りの緊張が解かれるとともに弱くなることが確認された。ただ、左右の差が残っていたため大鍾を使うことで、めまい症状の早期解消が実現できた。

症状、治療内容および治療効果には個人差があります。