症例

後頭部から前頭部・側頭部の片頭痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
頭痛・片頭痛が改善した鍼治療の症例

頭痛症例6「後頭部から前頭部・側頭部の片頭痛」

患者

40代 女性 -2017年5月来院-

症状

2・3日前から後頭部から前頭部にかけての頭痛。普段は左の方特に強く感じるが今回は右が強い。また、慢性的な肩首のコリも頭痛と同様に普段よりも強く感じる。

頭痛外来で処方されている片頭痛薬(アマージ)を服用してみたが効果は感じない。鍼治療も時々受けるが、頭痛が改善されても長持ちせず。ただ、鍼治療の良さは認識しているので、「もう少し長持ちできないか」とネットで当院の症例を見て来院。

その他の症状

左肩関節痛

治療と経過

肩の張りがとても強いため、ピンポイントにアプローチする前に腰のツボ【大臀】を使い肩全体を緩める。

左の肩と肩甲骨の内側に凝り感が残るので【膀胱兪(L)】【腰海(L)】で緩める。
右の後頭部にあるツボ【上天柱】に頭痛と関連する緊張があるため【空髎(R)】【承山(R)】に鍼をすると上天柱の緊張が緩み、数分経過すると上天柱の頭痛が解消され、1回目を終了。

2回目(10日後)
片頭痛の再発は前日の1回あったのみで、これまで週2~4日は頭痛のため薬を服用していたが前日の1回になった。

3回目(7日後)
頭痛を感じることは無く、肩凝りも「疲れ程度で辛くなることはなかった」とのことなので終了。

不定期ではあるが、月に1~2回再発防止とメンテナンスで通院中。

その他に治療した症状

なし

主に使用したツボ

空髎(R)、承山(R)、大臀、膀胱兪(L)、腰海(L)

考察

慢性的で片頭痛を服用している場合でも、問題となるポイントをしっかり見つけていくことで少ない回数で解消した症例。
この他の頭痛の治療例(症例)はこちら
頭痛症例(治療例)集
当院の頭痛治療の詳しい解説はこちら
頭痛・片頭痛

関連記事