症例

頭痛治療例4「頭の絞めつけ・右顔面が重い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

患者

20代 女性 -2017年1月来院-

症状

来院3日前から頭痛があり、翌日、脳外科でCT検査を受けるが原因不明、「ストレスでは?」と言われる。薬が処方され服用するが頭全体が絞めつけられる感じと右顔面が重い。昨日からは首から背中が硬くなり食欲も無い。
病院でも判らないと言われ不安になり、以前、当院で治療を受けた同僚の紹介で来院。

治療と経過

来院時は椅子に座っているだけでも頭が重く、瞼が重く眠くは無いが眼を開けているのもつらい。
首・肩・背部と腹部の触診から左の反応が強めに出ているので、手のツボ【合谷】に鍼をする。数分すると顔の重みが解消。腹部の硬さを触診すると圧痛が無くなる。頭の絞めつけも大幅に解消。

更に数分すると頭の絞めつけも解消。急に空腹感が出てきたとのこと。後頭部に重苦しさが少しあるので足首にある【大鍾】に鍼を数分間。肩の凝りに鉤笠(R)に鍼、肩こりと後頭部の重苦しさも解消し1回目の治療を終える。
2回目(1週間後)
その後、頭の絞めつけ、顔の重みも出ることなく過ごせた。肩首周りの治療を行い終了する。

その他に治療した症状

なし

主に使用したツボ

合谷(LR)、大鍾(L)、鉤笠(R)

考察

頭痛の他に顔の重み、食欲不振に目を向け共通性の深いツボにアプローチ出来たため、症状が少ない回数で改善できた。

頭痛症例(治療例)集

頭痛・片頭痛

関連記事