症例

臀部・足の外側の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼・活法整体治療で改善した坐骨神経痛の症例

腰痛・坐骨神経痛症例1「臀部から脚の外側に沿って痛む」

患者

60歳代 女性 2015年11月来院

症状

2週間前、タンスの引き出しを閉めたときにぎっくり腰になった。近くの整骨院にほぼ毎日通院して落ち着いたが、2日前から今度は左の臀部から脚に掛けて痛み出した。再び整骨院で治療を受けるが痛みは強くなった。台所などで長く立っていたり、長く歩いてると痛みが強くなり、あまりに痛むとを引きずる。

筋力を落とさないため毎日5000歩は歩くように心がけていたが、痛みで我慢できない。痛みが続く不安と2週間後に旅行を控えており、知人に鍼が良いと聞きいて来院。

治療の内容と経過

臀部と脚の痛みが、立ちっぱなしや歩くといった動きを伴う場合に起こっていることから、腰の可動域を確認する。腰の前屈・後屈(腰を反らす)で可動域が狭く腰に痛みも伴う。そのことから、2週間前に発症したぎっくり腰の症状は未だ完全に改善されていない可能性がある。また触診(実際に触れて)すると第4・第5腰椎の左側に神経痛に関連する反応を確認。
このことから、腰の前屈・後屈の可動域が狭いことと神経痛の痛みの範囲が一致する。
はじめに、活法整体を行う。腰の可動域・痛みが5割に減る。
次に鍼治療で腰と脹脛(ふくらはぎ)に鍼をする。安静時の神経痛症状はないため、数分間の置鍼(鍼をした状態で安静にする)をする。
抜鍼後、同様に可動域のテストを行うと、腰の可動域・痛みは1割までになり、その日の治療は終わる。

2回目(5日後)
前回治療後の2日は神経痛症状は忘れるくらい感じなかったが、一昨日、買い物で1時間ほど歩いたら少しずつ痛みが出てきた。前ほど我慢できないということはない。

前回と同様に治療前の腰の可動域を確認。可動域は前回治療後の範囲を保てている。神経痛症状範囲に対応する鍼を前回と同じツボに鍼をする。

3回目(4日後)
前回(2回目)後から今回まで、痛みが出現することはほとんどなく坐骨神経痛を忘れるくらいだった。念のため、これまでと同様の鍼と動きを整える活法整体を行い、治療を終了する。

鍼治療を行った主なツボ:L4(1L)、L5(1L)、玉天(L)、玉人(L)、腰海(L)、大腰(L)
行った整体:腰痛パターン3手、坐骨上げ

考察

ぎっくり腰発症から間もない坐骨神経痛であったため、初めのぎっくり腰が完全に治りきっていなかったか、もしくは、ぎっくり腰が坐骨神経痛を誘発させたとも考えられる。
腰の動きを改めて観察することが大切だったケース。動きづらさと坐骨神経痛症状の痛みの範囲がほぼ一致し、動きの改善とともに神経痛症状も改善ができた。

腰痛・坐骨神経痛症例(治療例)集

関連記事