症例

肩甲骨痛み「自転車で2分もすると痛い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼治療による肩甲骨の痛みが改善された治療例

肩凝り・頸肩腕症候群症例6 肩甲骨の痛み「自転車に2分もすると痛い」

患者

40代 男性 -2017年9月-

症状

3か月前くらいから自転車(ロードレーサータイプ)に乗っていると右肩甲骨の内側が痛くなる。最近では特に酷く、自転車に乗って2分もすると痛み出す。体を前傾姿勢にして顔を上げている姿勢がつらい。サイクリングが趣味で日に20kmは走る。

普段も痛みまでは無いものの重さを感じる(特に車の運転)。

1か月間近くの整骨院で電気治療やマッサージを受けたがあまり効果を感じず、ネットを見て来院。

その他の症状

腰痛

治療と経過

肩甲骨内縁の症状だが首周りの筋緊張が強いため、対象範囲を少し広げて治療に入る。右の肩にのコリが強いため、臀部の【大臀】、右腰部の【腰海】に鍼をして緩める。腕の張りも強いので【ふくら】に鍼を緩めると肩甲骨内縁のコリと圧痛も半減する。ただ、体幹前傾・顔上げる姿勢はつらさが残る。

体を前傾(中腰)で首も前傾(下を向く)しているときは症状は出ず、体を前傾で顔を上げると痛みが出るという事から胸椎6番に問題があると考え、右手にある【六谿(R)】に鍼をすると姿勢のつらさはほぼ改善されるが、腰と背中の間の張りが気になるとのことなので脛(すね)のツボ【玖路(R)】に鍼をると張りが取れた。

2回目(1週間後)
治療の翌日は少し気になったが、その後は自転車に乗っていても痛みが出現することは無くなった。今回は腰が気になるとの事なので、腰痛の治療で終了とした。

その他に治療した症状

腰痛

主に使用したツボ

大臀(LR)、腰海(R)、六谿(R)、ふくら(R)、玖路(R)

考察

体幹部と頸部の複合した動き・姿勢により背中に問題があるために発症したと考えられる。ただし、背中に鍼をするよりも手や足にあるツボにアプローチすることで、スポーツのパフォーマンスを落とさないように筋肉のバランスと素早く整えることができる。

肩こり・頚肩腕症候群の症例集
肩凝り原因と治療法

関連記事