症例

腕が重い+のどの詰まり・胸焼け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩凝り・頸肩腕症候群症例3

患者

30代 女性 三芳町 -2016年8月来院-

症状

右腕が重くだるい(+のどの詰まり・胸焼け)
2・3週間前、右手首に筋肉痛のような痛みがあり、近所の整形外科を受診。腱鞘炎と診断されて湿布薬と鎮痛剤が投与された。毎日、湿布を貼り薬を飲み筋肉痛のような痛みは薄れるが、右腕全体が重くだるく、シャンプーなどで腕を挙げたままにしているのがつらい。痺れはない。

発症のきっかけは、スマホを長い時間右手に持ってゲームをしていた。また、子供を抱っこするとき、頭を右腕で支えることが多い(最近大きくなってきたので重く感じる)。

肩こりは慢性的にあり、右の方が凝り感が強い。いつもは辛くなるとリラクゼーションなどを利用する。ただ、今回はしっかりと治したいので鍼治療を決心した。

その他の症状

のどの詰まり、胸焼け

治療と経過

整形外科で診断された「腱鞘炎」を確かめるために手首や指を動かしてもらうが、現在はだるさ以外に痛みは出現しないことから、腱鞘炎以外で視野を広げて診察する。

次に現在の主な症状、腕のだるさ。動きでは判断しづらいので、腕を挙げるなどでの感覚を判断基準にする。明らかに左よりも右の腕の方がだるいとのこと。

腕の症状は背側の胸椎との関連が強い。確認すると胸椎6番(T6)に明らかな反応がある。また、前腕部の筋緊張も右の方が強く、圧痛(押して痛む)がある。

まずは、それらの所見を基に六谷(R)から鍼治療する。腕のだるさは、鍼をする前を10とすると3に改善。頭より上に腕を挙げてもらうが、腕の重さだるさはほぼ感じなくなる。次に前腕の張りが残るためフクラ(R)に鍼をすると張りが健側(左)と同等になり、圧痛も解消。

スマホを長時間持ち続けたことがきっかけだったので、「握る」力が抜けないままになっていると考え、活法整体の扇、肩凝り抜きを加える。
腕から肩の症状は逆に左(健側)の方が重く感じるくらいになる。

その他の症状「のどの詰まり」「胸焼け」は慢性的な肩や首の凝りと関連することがあるため、首、腹部の診察を行う。腹部の硬さ、首の硬さを確認する。それに基づき太衝、曲泉、合谷に鍼治療する。しばらくすると腹部、首の硬さが解消。のどの詰まりもほとんど感じなくなる。

2回目(7日後)
腕のだるさ・重さはその後、感じることはなかった。肩凝りもいつもより楽に感じる。のどの詰まり、胸焼けが少し残るが普段と比べるとだいぶ軽い。いつもよりも眠りが深くなった気がする。

肩や首周辺は疲れを取り除く程度で、腰海(LR)、大臀(LR)、鉤笠(R)に鍼治療。のどの詰まり・胸焼けに曲泉、太衝、合谷に鍼をする。治療直後にはのどの詰まりは感じなくなる。前回よりも良い反応が得られたので2週後の予約にする。

3回目(14日後)
少し忙しかったため、多少肩凝りを感じる。腕は以来気になることは無かった。のどの詰まり・胸焼けも感じることなく、来院するまで忘れていた。
肩凝りのケアのための鍼治療を行い、腕の重さ・だるさ、のどの詰まり・胸焼けは終了とする。

その後、体調ケアのために2・3週間隔で通院中。

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:六谷(R)、大臀、腰海、鉤笠(R)、曲泉、太衝、合谷
活法整体:扇、肩こり抜き

考察

今ケースでは、問診で内臓の不調もお伝えいただいたのでスムーズに症状が改善されたが、肩凝りと消化器系の症状は別々に考えられるのが一般的。肩凝りなどの慢性的な症状の場合、内臓との関連性にも視野を広げることの重要性を再確認する症例だった。

肩こり・頚肩腕症候群の症例集

肩こり・頚肩腕症候群

関連記事