症例

首肩こりが強く吐き気がする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼・活法整体治療による頭痛の改善例

肩凝り・頸肩腕症候群症例2

患者

20代 女性 朝霞市 -2015年10月来院-

症状

右の首から肩にかけて吐き気がするこり
数日前から、普段の肩こりがより強く感じるようになる。また右の首・顔面・頭部にジワーとする重さを感じる。寝るときも肩周りの重苦しさが強く、睡眠不足。

近くの整骨院に行き、マッサージと電気治療を受けるが帰宅するまでに戻ってしまった。昨日はあまりの辛さから吐き気までした。PCを使った事務仕事が主で、仕事をはじめたころから肩こりを感じるようになった。時々辛くなると近くの整骨院に行くか、自分でストレッチをしたり塗り薬で対応していた。今回もひと通りやってみたがどうにもならなく、「鍼はどうなんだろう?」と思い来院。

治療と経過

肩から肩甲骨に掛けて広範囲で辛さを訴えているので、的を絞るため触診と首の可動域を詳しく診察する。
首の動きでは、上を向く(後屈)動き、右を向く動きで可動域の狭さと痛みが確認できた。
まず、肩・肩甲骨周辺の緊張を緩める活法整体を3種類行う。重苦しさは半減した。

次は右肩甲骨内縁の部分に硬さと押したときの痛みが強いので、活法整体(肩甲骨廻し)でを緩めるが、仕事が「デスクワーク」で勤務時間の大半を椅子に座っているため、治療ポイントを「坐骨」に向ける。これも活法整体(坐骨切り)で行う。
すると、右の肩甲骨と右の肩を押したときの痛みはほぼ消失。硬さも本人がわかるくらいに緩む。

今回、最大のポイントと考えたのは「肩甲骨」。肩甲骨の動きが悪くなると、それに連動する首の症状を引き起こす。

肩甲骨の特に内側に押したときの痛み(圧痛)が強く出る所のT2(4R)、手の後谿(R)に鍼を施す。肩甲骨周り・右の頭部の重さ、首の硬さが同時に緩む。鍼をする前のテストを行い、辛さは8割くらい楽になる。治療前のテストより改善が見られるが、特に上を向く動きで首に痛みが残るため、胸椎(胸の高さの背骨)の可動を調整する活法整体(後屈の調整)を加えると、動きと痛み改善。吐き気も治まったので終了。

2回目(4日後):仕事中の吐き気、右頭部の重さその後なかった。また重苦しさも通常のこりを感じる時と同じレベルになる。睡眠もとれるようになった。
前回と同じ内容の施術を行う。

3回目(更に7日後):重苦しい辛さは無く、いつもの凝りも感じなくなった。ただ、また起こるのが怖いのでメンテナンスを兼ねた治療内容となる。
以降、月に2回ほど、疲れを取るためのメンテナンスで通院中。吐き気を伴う症状は起きていない。

使用した主なツボ・整体手技

鍼治療:T2(4R)、腰海(R)、後谿(R)、
活法整体:坐骨切り、肩甲骨回し、扇、後屈調整

考察

凝りが強くなるとその部分に着目されがちだが、動きも同時に着目することで凝りの原因が解明されやすくなる。また、デスクワークなどで座っている時間が長い、また座りながらどのような作業をしているのかを丁寧に診察することで、坐骨と肩甲骨に肩凝りを強くした原因が判る。凝っている部分だけではなく、原因にアプローチすることこで素早く症状を解消し、再発を防ぐことにもなる。

肩こり・頚肩腕症候群

関連記事