治療例(症例)のご紹介

低音性難聴「低音が反響する」

鍼治療による突発性難聴の改善例

突発性難聴・耳鳴り症例5「低音が反響する」

患者

40代 男性 -2017年12月来院-

症状と来院理由

5日前、右耳の低音が二重に反響して聴こえるようになり耳鼻科を受診した。低音性難聴と診断され薬が処方されたが未だ効いている感じがしない。元々左耳が難聴でほとんど聞こえないために焦りを感じ、当院に通院中の知人の勧めで来院。

来院時、院内のBGMも低音域が反響して聴こえる。

治療と経過

右耳に近い首や顎周辺に左よりも筋肉の緊張が顕著にあるために耳への影響が発生していると考える。

肩から首へかけてのコリに対し臀部・腕のツボ1か所ずつに鍼治療をして緩める。この時点では反響は変わらず。

顎周辺、特に後頭部側のコリを足と足首のツボへ鍼をして緩める。わずかに音の反響は弱まる気がするとのこと。1回目の治療を終わる。

2診目(4日後)
いくらかは良くなっているとのこと。耳鼻科での聴覚検査ではギリギリだが基準値になっているとのこと。前回と同様の鍼治療を行う。

3診目(3日後)
音の反響が9割回復してきたとのこと。電話が聴き取りやすくなった。
凝りはだいぶ弱くなっているのでツボを減らし、臀部、足首、手の甲に鍼治療を行う。1週間、間隔をあけて様子を観る。

4診目(7日後)
音の反響は発症前と同じになり治ったとのこと。
腰が気になるとのことで腰の鍼治療を行い終了する。

主に使用したツボ

大臀(R)、申脈(R)、合谷(R)、光明(R)、鉤笠(R)

考察

元々左耳の難聴があり正常な右耳が発症したことでご本人も焦りを感じ、早い段階で治療に取り組めたことが期間・回数を少なくできたと考える。もちろん症状の重さも関係するが、突発性難聴は時間との勝負だと改めて思う症例。

突発性難聴・耳鳴りその他の治療例

鍼治療による突発性難聴・耳鳴りの改善例

突発性難聴・耳鳴りの解説と治療方針

突発性難聴・耳鳴りの治療方針と解説

関連記事

診療カレンダー

診療案内

アクセス

症例 [ 治療例 ]

  1. ぎっくり腰・鍼治療による改善例
  2. 鍼治療により改善した低音性難聴の治療例
  3. 鍼・活法整体治療で改善した腰痛の症例
  4. 鍼治療による舌の痛みの改善例
  5. 鍼治療により改善した逆流性食道炎の症例

お問い合わせ

ご来院エリア

埼玉県:志木市 朝霞市 新座市 和光市 さいたま市(浦和区 桜区 南区 中央区 大宮区) 富士見市 ふじみ野市 川越市 所沢市 川口市

東京都:練馬区 板橋区 豊島区 文京区 新宿区 西東京市 東大和市 東村山市 清瀬市

Twitter