症例

「水の中にいる感じがする」低音性難聴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍼治療により改善した低音性難聴の治療例

突発性難聴・耳鳴り症例4「低音性難聴-水の中にいる感じがする」

患者

40代 女性 -2017年7月-

症状

2週間前から、特に朝、左耳が「水の中にいる」感じがする。耳鼻科を受診したところ「低音性難聴」と診断され処方された薬を服用しているが、特に変化を感じない。

元々、肩凝りで当院に通院中。今回は難聴をメインに治療を行う。

その他の症状

肩凝り

治療と経過

難聴症状のベースとなる肩・首周囲の筋緊張緩和を目的に、凝りの部位に沿った鍼を行う。腰のツボ【大臀(L)】【腰海(R)】で広いエリアを先に緩めていく。

次に左耳周辺の筋緊張緩和を目的に、【地天(L)】【養老(L)】【肩稜(L)】に鍼をする。
鍼をしてから数分すると耳のこもりが軽くなる感じがするので、その日の治療は終了。

その後週に1回の通院で4回目には10日間くらい耳の通りがよく、低音も違和感がなかったとの事なので、隔週のペースで経過を観ることにする。
5回目(2週間後)、前回から2週間経過するが状態は落ち着いているとのことなので難聴の治療を終了する。

その他に治療した症状

なし

主に使用したツボ

大臀(L)、腰海、地天(L)、養老(L)、肩稜(L)

考察

定期的に通院されていたので、早い段階で難聴の治療に入ることが出来たため、少ない期間で改善ができた。
耳周辺を取り巻くコリを細かく分類する中、顎関節との関連性も重要なポイントになる。それに関連するの「養老」がその一つである。顎関節の緊張は肩首のコリはもちろん、耳鳴り難聴や頭痛などにも影響する。

頭痛症例(治療例)集

頭痛・片頭痛

関連記事